TYRANNO CREATIVE ARTS(ティラノ・クリエイティブ・アーツ)サービスの価値を最大限
発掘するWEB制作会社

BLOG

寅さんの物を売る技術がすごい

2018.11.27

WEBサイトのコツ

ストーリーブランディング

弊社のセミナーで、ストーリーブランディングの話をさせていただいたところ、セミナー終了後、参加された方から、「寅さんの鉛筆を売るシーン知ってますか?」と声をかけていただきました。

 

実は、私もその動画が好きで、物語で人の心を動かす真髄だなあと思っていました。

その動画がこちら

 

 

なんかこう、心に沁みますね。

実際は寅さんの話術がすごいので、ある意味だまされてるわけですが(笑)。

 

これがあなたのサービスであれば、嘘ではなく、あなたの口から本音で伝えられるので、相手の心に響くのです。

 

ふつうに商品を売り込もうとすると、商品のスペックや、実績を一生懸命、伝えることになるので、瞬時に「うちには必要ないなあ」と判断されてしまいます。

 

また、「他社のほうが、安くて高スペックのがあるから」と、比較されてしまうのです。

 

物語はどうでしょうか?
開発にかけた想い、ユーザーに喜んでもらいたいという想い、試行錯誤した経緯、その人にしかない物語が必ずあります。
人はその物語に、心掴まれるんですね。

ストーリーで伝える価値

ストーリーはその人にしかないもの。唯一無二です。競合と比較の対象になりません。
また、物語は理念を伝える上で重要な役割を果たします。

 

「なぜこの商品を開発したのか」「なぜこの会社を設立したのか」

過去から現在、そして未来を語ることで、自然とミッションやビジョンを伝えることができます。

 

その物語に共感し、一緒に働きたいという人も出てきます。
商品の販売はもちろん、採用においても、重要な役割があるのです。

脳裏に残り伝えたいのがストーリー

寅さんの動画は、私にも、そのセミナー参加者の脳裏にも残っていました。
そして、セミナーの話のときに、その方の頭に浮かんできたのです。

 

その方は幼少の頃、タイムリーに見ていたそうで、そのシーンをよく覚えていたそうです。そして、どうしようもなく伝えたくなり、私に話しかけてくれました。「寅さんのえんぴつのシーンしってますか?」と。

 

物語は、人に言いたくなるんです。

想いは人を動かす

世の中のネット広告や、ランディングページのキャッチコピーなど、物を売るのに必死です。

 

ニュースサイトの広告記事のキャッチコピーは、半分だますようなタイトルが乱立しています。とりあえずクリックされれば、収益になるからです。

 

ランディングページでは、割引期間終了まで「あと何時間何秒」と、タイマーみたいのがついてるほどです。

 

煽ったり、危機感を与えたり、恐怖感を与えたり、なんかもう疲れちゃうってものです。

それで、ひっかかったようにクリックしてしまう。

 

だますように物を売り込むのではなく、共感し「好きだな」とか「感動した」「信用できる」とか、そういった判断が大切なのです。

そういう基準で商品や人が選ばれるようになると、お客さんも、サービス提供者も相思相愛になれますよね。

[セミナーご案内]

毎月3社限定<無料>個別相談会受付中!

中小企業の経営者、ご担当社様向けに、個別相談会を開催しております。
現在、無料で行なっておりますので、この機会をぜひ、ご利用ください。
個別相談会の詳細はこちらから

お問い合わせはこちら