TYRANNO CREATIVE ARTS(ティラノ・クリエイティブ・アーツ)サービスの価値を最大限
発掘するWEB制作会社

BLOG

顧客に選ばれる人、そして顧客を選べる人は理念を語り、伝えている

2018.10.14

ブランディング

理念は大切

人は何を見て、仕事を依頼したり、買い物をしているのでしょうか。
ある意味、実績やスキル、品質の見ためなどが他社に見劣りしても、確固たる理念があれば、なんとかなるんじゃないかとも思うのです。

お客さんに何を基準に選ばれるべきか?

WEBデザイナーの例で考えて見ます。
クライアントがWEBのページを作って、商品を売りたいので、発注先をさがしているとします。
そしてたまたま、とあるWEBデザイナーさんの作品を見たとしましょう。

その方はぱっと見、レベルが低く、クオリティも低く、ちょっと発注はできないなー、と感じました。
デザインのスキルという観点だけで、他の方と見比べてしまうと、どうしてもこの人には発注はできない。

しかし、例えば、きちんと話す場があり、
このデザイナーが自分の理念を語り出したらどうでしょうか?
自分のサイトがあり、自分の理念を明確に打ち出していたらどうでしょうか?

相手の理念をよくよく聞いてみる

そのWEBデザイナーさんはこう語り出しました。

私は人を感動させたくてWEBデザイナーになりました。かつて私は、何をやってもうまくいかず、暗い毎日を過ごしていました。ある日、たまたま見かけたホームページを見て、感動し涙がでました。そこから人生が変わりました。私はそのホームページのおかげで人生が救われました。デザインは人の人生を変えるんです。

それから、私自信がデザインで、人の人生を変えたいと思うようになりました。デザインの勉強をはじめ、昨年、WEBデザイナーになりました。

私は人を感動させるデザインしか作りません。徹底的に「感動」にこだわります。だから私はお客さんを選びます。商材もよく見させていただきますし、それが心から人を感動させられるものか、よく把握させていただきます。ですから、「絶対感動させられる。」と感じた仕事しかしません。
貴社の商品についてお伺いさせてください。

発注先を選ぶつもりが、むしろ逆に選ばれている

クライアントはそう言われて、そのWEBデザイナーさんの作品をじっくり見ていくと、吸い込まれるように見入ってしまいました。確かに、感動する。確かに言ってることは本当だと。

すると、クライアントは考えます。
うちの商品は、「人を幸せにしたり、感動させられたりできる」と心のそこから想える商品かと。

クライアントに絶大な信念があれば、そのWEBデザイナーにお願いしたいと思うでしょう。ぜひ会って見たいと思うかもしれません。

もし、少しでもだれかを不幸にしてしまう商品だったり、お金儲けのためだけにつくった商品であれば、そのWEBデザイナーにお願いはできません。そもそも、理念が合いません。

このWEBデザイナーは、感動させるデザインしかつくりません。つくりたくありません。確かに、きれいなデザインはまだまだかもしれません。
しかし、人の心を打つ言葉、動線、レイアウト、デザインが組み合わさり、本当に感動するデザインを作っているのです。

同じものを目指せた時、お互い最高の仕事に出逢える

感動させたい!と思うクライアントと、
感動させたい!と思うデザイナーは同じ理念、同じものを目指しています。
この仕事は理想的な仕事になるのではないでしょうか。

スキルが高くても、おしゃれに見せることを理念にもつデザイナーや、売ることを重点的に考えるデザイナー、そもそも理念自体がないが、スキルだけは高い人もいるかもしれません。

自社の商品で一人でも多くの人を感動させたい!と強く想うクライアントはだれを選ぶでしょうか?

一見、似たような職業や商品が比較対象になると思いますが、「理念が一致することで、選ばれる」ということが理想なのかもしれません。

自分はなぜ働いているのか?
なぜこの仕事を始めたのか?
あらためて考えてみてはいかがでしょうか?

毎月3社限定<無料>個別相談会受付中!

中小企業の経営者、ご担当社様向けに、個別相談会を開催しております。
現在、無料で行なっておりますので、この機会をぜひ、ご利用ください。
個別相談会の詳細はこちらから

 

個人・フリーランスの方へ

個人・フリーランスの方向けに、「WEB×ブランドづくり講座」を開講中です。
ぜひ、チェックしてみてください。
パーソナルブランディングのシミルアカデミーはこちら

法人の方はこちら

個人の方はこちら

経営者・フリーランス・個⼈起業家のための
ブランディング講座